流行語大賞

リフォーム 姫路  リフォーム 東大阪 サンヨー太陽光発電

 

 



ユーキャン新語・流行語大賞
1984年に始まった流行語大賞。毎年12月1日(土日の場合は翌平日)に発表されます。
『現代用語の基礎知識』(自由国民社・刊)の読者アンケートによりノミネートされ、新語・流行語大賞選考委員会(藤本義一審査委員長)によってトップテンと年間大賞が選定されます。
2003年から(20回目)は、株式会社日本通信教育連盟と提携し、現代用語の基礎知識選『生涯学習のユーキャン 新語・流行語大賞』と名称を改められました。更に2004年には現代用語の基礎知識選『ユーキャン新語・流行語大賞』に改称されました。
近年では、発表されると大大的にメディアで取り上げられ、年末といえば今年の流行語の発表というように誰もが慣れ親しんだイベントになっています。
その歴代の流行語をご紹介します。
新語
流行語
第1回 1984年 オシンドローム まるきん まるび
第2回 1985年 分衆 イッキ!イッキ!
第3回 1986年 究極 新人類
第4回 1987年 マルサ 懲りない○○
第5回 1988年 ペレストロイカ 今宵はここまでに(いたしとうござりまする)
第6回 1989年 セクシャル・ハラスメント オバタリアン
第7回 1990年 ファジィ ちびまる子ちゃん(現象)

   
年間大賞
第8回 1991年 ・・・じゃあ~りませんか
第9回 1992年 「うれしいような、かなしいような」
「はだかのおつきあい」
第10回 1993年 Jリーグ
第11回 1994年 すったもんだがありました
イチロー(効果)
同情するならカネをくれ
第12回 1995年 無党派
NOMO
がんばろうKOBE
第13回 1996年 自分で自分をほめたい
友愛 / 排除の論理
メークドラマ
第14回 1997年 失楽園
第15回 1998年 ハマの大魔神
だっちゅーの
第16回 1999年 ブッチホン
リベンジ
雑草魂
第17回 2000年 おっはー
IT革命
第18回 2001年 「小泉語録」(米百俵・聖域なき構造改革・恐れず怯まず捉われず・骨太の方針・ワイドショー内閣・改革の「痛み」)
第19回 2002年 タマちゃん
W杯(中津江村)
第20回 2003年 毒まんじゅう
なんでだろ~
マニフェスト
第21回 2004年 チョー気持ちいい
第22回 2005年 小泉劇場
想定内(外)
第23回 2006年 イナバウアー
品格
第24回 2007年 どげんかせんといかん
ハニカミ王子
第25回 2008年 グ~!
アラフォー
第26回 2009年 政権交代
第27回 2010年 ゲゲゲの~
いかがですか。
流行語を見て、「ああ、あの年はこんな年だった」と自然と頭によみがえるものがあるのではないでしょうか。
その年を象徴する流行語ですが、後々思い返してみたりすると懐かしさを感じたり、そのまま思い出にひたったり。

たかが流行語かもしれませんが、されど流行語。実はこのひとつの言葉で、その年がどんな年だったかを象徴する役割を果たすキーワードですね。 ご自身が生まれた年はどんな年だったのだろう?とチェックしてみるのもいいかもしれません。

今年はどんな流行語がノミネートされるのでしょうか。大体予想はつきますが。。。いまから楽しみだったりします。
いつまでも続いてほしいですね、流行語大賞!
ABOUT FIELDS INDEX-2 OLSON LAUREATES FINKELSTEIN MENDELSOHN BARKER WURZ SCHLESSINGER GLINVALD WATERSTON MEHTA YNETMA HANSEN LEGOFF ALLAM MICHNIK GONZALEZ PAST2003 BRENNER PRESENT2002 PAST2002 FUTURE2003 NACHTWAY MA PRESENT2005 ROME PRESENT2004 MOHAMAD MICHNIK ISTANBUL JERUSALEM NEWSOME WISEMAN SULSTON SCHOLARSHIPS WHITESIDES