TAU Home


INDEX
001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
021



すでに宇宙人は地球に存在している

■レインボーさん
すでに宇宙人は地球に存在しているが、発見されていない。 到達した宇宙人は発見されても全て、各国政府により公表が差し控えられている。 到達した宇宙人は全て、潜伏、又は地球の生命に擬態して正体を隠している。
到達した宇宙人は全て、ケイ素生物・意識生命体など、地球人が「宇宙人」として 認識できない形態の生命である。 別次元(五次元等)に存在するため、地球人が認識出来ない。

■アースさん
宇宙人は存在していて、過去に地球に到達していたが、最近は到達していない。 既に来訪しており、遺蹟などにその痕跡が残されている。詳細は古代宇宙飛行士説を参照。 既に来訪しており、我々人類(もしくは地球上の他の生物)はその子孫である。 既に来訪しており、ハンガリー人を名乗っている。
(当時のフェルミの周囲で語られたジョーク。 「火星人」と言われた天才ジョン・フォン・ノイマンらハンガリー勢を指している。 アインシュタイン他の19世紀後半のヨーロッパ生まれの天才たちを、 潜伏した宇宙人とするバージョンもある)

■ジュピターさん
宇宙人は存在する。だけどなんらかの制限又はある意図のためにまだ地球にやってきていない。 多くの宇宙人は穏健で引っ込み思案な知的生命であるため、宇宙に進出しない。 知的生命体は、高度に発達すると異星人の文明との接触を好まなくなる。
異星人と接触した結果地球上に起きる混乱を避けるなどの目的で敢えて目立った接触を行わない。 これは「動物園仮説」又は「保護区仮説」と呼ばれる。 (創作小説等の言葉を借りれば「未開惑星保護条約(宇宙に大規模に進出し得ない文明レベルの惑星には介入しない)」 のような国際条約が存在する可能性が指摘されている)









タイトル

本文