TAU Home


INDEX
001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
021



ガス給湯器へ交換リフォーム

給湯器とトイレが同時に故障しました。給湯器は石油系のものだったんですがお湯が出なくなってしまい、トイレはつまってしまい水漏れが発生しました。 水まわりリフォームや給湯器交換が必要な時期だったんですかね。給湯器 ボイラー 長浜 彦根 そろそろと思っていましたがついに来たかーと思っちゃいました。 お隣の和田さん家の給湯器が故障してそろそろ我が家もどこか故障やトラブルが発生するかな?と思っていたら遂にやってきちゃいました!
そして以前エアコンクリーニングをやっていただいたトイレ つくばの方が「他にも何か困ったトラブルが起きたら呼んで下さい。」とおっしゃっていたので早速お願いすることにしました。 2日後すぐに業者の方が我が家に来ました。現場を見ると「あー完璧に故障してますね」と言われてしまいました。修理ではなく交換になるそうです。 給湯器はリンナイかノーリツが有名ですよね。この2社はあまり性能に大差がないようです。あとは業者の付き合いや仕入れ価格やデザイン性の違いのようです。
トイレは大々的にリフォームすることになり、色々パンフレットをガス給湯器 埼玉 さいたま市 川越 所沢から頂きました。家族でパンフレットを見て色々意見を出し合って悩みました。 やっぱり何かと節電・節電と騒がれているこのご時世。波に乗ろうと我が家も節電効果の高いリンナイの給湯器と交換してもらうことになりました。 トイレリフォームはパナソニックの製品で統一することにしました。トイレのメーカーといえばTOTOかINAXですがパナソニックって珍しいなと思い決めました。
ついでに新しいユニットバスにしちゃいました。魔法ビン浴槽ライトで時間がたってもお湯が冷めにくい最新タイプです。これなら節電も期待出来ますよね。 リフォームってもっとめんどくさいかな?費用がかかるのかな?と躊躇してましたが、業者の方が丁寧にパンフレットを見ながら説明してくださったので分かりやすかったです。 お陰様で費用の方も思っていたより安くすますことが出来て満足感でいっぱいです。今度はエクステリアとか外壁リフォームも検討してみようかな。 最後に今後リフォームをお考えの方に失敗しない業者選びのポイントです。価格に目が行きがちですが、対応だったり人柄だったり価格以外のことにも目を向けてみて下さい。

洗面所とトイレとキッチンの水まわりで水漏れトラブルが発生しました。ちょうど妻が排水管の異常に気付いたようです。お湯も出なくなってしまいました。 いいタイミングなので修理もいいけど思いきって全て交換して新しいもの取り付けてもらっちゃおうかな。ボーナスも出たし。 我が家はもともと中古住宅を購入してエアコンを取り付けしてもらい、トイレの便座と便器を和式から洋式に変えてもらっています。エアコン 小田原 平塚から随分年月がたったようです。
さて大事な業者選びですが、トイレの便座・便器交換から換気扇やエアコンクリーニングまで何でも扱っている街の便利屋さんに頼むことになりました。 思っていたよりも早く業者の人が来てくれました。今使っているタイプは最近故障が多いものだったみたいで…。これはリフォーム 津 キッチン 風呂ですねと言われてしまいました。 交換になったのですがノーリツとかリンナイとか言われても違いが良く分からないので、パンフレットを見て色々勉強してから比較検討することにしました。 トイレの方は業者の人が持ってきたパンフレットは最近の多機能なトイレばかりで選ぶのが大変でした。どれも魅力的に見えちゃって何を選んだらいいのか分からなくなってしまいました。 色々悩みましたがなんとかメーカーも決まり工事となりました。新しい給湯器はガス 給湯器 京都のものよりかなり節電効果が期待出来るみたいなので楽しみです。
トイレは以前と同じTOTOにすることにしました。TOTOのウォシュレットのリモコンの所のデザインがとても気に入ってしまい、これが決め手となりました。 ついでに新しいユニットバスにしちゃいました。魔法ビン浴槽ライトで時間がたってもお湯が冷めにくい最新タイプです。これなら節電も期待出来ますよね。 暗かった壁もオフホワイトになり、家の中がとても明るくなりました。特にトイレはウォシュレットも付いて快適空間へと生まれ変わりました! これからもメンテナンスや掃除をこまめに頼んで、綺麗で快適な住まいを維持したいと思います!主婦として日々の掃除も頑張ります。 最後に失敗しない業者選びのポイントをお教えします。昨年の施工実績を見せてもらうことです。リフォームは実績があった方が色々要望に答えてくれますよ。



タイトル

本文